主人が間に合い、立ち合い出産の中、安産に恵まれました!

投稿者名:2歳と6歳の子がいるママ (出産時の年齢:31歳)
出産時の週数:37週



37週の妊婦検診で、だいぶ成長してきてるとの報告を受け、いざ階段を下りて帰宅しようと思った矢先に、破水。そのまま、陣痛が来ました。

そして、立ち合いを希望していて主人に急いで連絡し、会社へ行く途中からUターンで産院に駆けつけてくれました。

私は陣痛と戦いながらも、友達に頼まれていた赤い富士山を描いていました。

陣痛中は、とくに呼吸を意識していました。赤ちゃんも出てくる準備をしていると聞いていましたので、お腹の赤ちゃんに「一緒に頑張ろうね」と話しかけていました。

同じ気持ちで一生懸命生まれてきてくれるということを、つねに考えていました。自分ばかりがつらいのではないのです。赤ちゃんだって頑張っているのです。

およそ1時間ぐらいの陣痛で、だんだん間隔が短くなり、そのまま歩いて分娩台に行きました。歩いている最中に生まれてしまいそうでしたが、案外落ち着いていました。

主人も何度も励ましてくれていましたが、それがなんだかうっとおしかったです(笑)気持ちが分からないのに、分かろうとしているというか。

結果、分娩台に上がって、呼吸を意識しつつ、すぐに生まれてきてくれました。安産です。産声を聞いたときは「やった~ありがとう」という感じでした。奇跡を感じるとともに、赤ちゃんが頑張ってくれたことが何よりも嬉しかったです。


今、我が子を見て思うことは?


毎日の成長から目を離せません。

だいぶ、おしゃべりも上手になり、自我が芽生え、気に入らないと怒ったりする姿までもが愛くるしいです。パパやママの言ってることを理解しつつも、いたずらしてみたり、毎日家族中に笑顔を振りまいてくれる天使のような存在です。いてくれるだけ周りがぱ~っと明るくなります。

今後も自由に華麗に育ってほしいです。
logoサイトtop
スポンサーリンク