スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

陣痛開始から6時間!スピード出産だけど痛いものは痛い!

 投稿者名:もうすぐ10ヶ月のママ (出産時の年齢:37歳)
出産時の週数:39週



夜中に陣痛が始まり、陣痛アプリで間隔を測るたびに30分→15分→10分とどんどん短くなっていき、10分を切ったところで病院へ連絡しました。

初産だからまだまた時間がかかりそうだということでそのまま様子を見ようということだったけれど、電話を切ったとたん、尿もれとは違う温かい液体が流れる感覚がありました。

破水だと思って、病院へ電話をかけました。電話の最中にも液体が流れる感覚があって焦りました。

病院へ着き分娩台の上で診てもらうと始まる兆候があったので、そのまま分娩台の上で過ごすことになりました。

旦那さんも到着し、いよいよ戦いの始まり。途中でトイレに行ったりする旦那さんを引き止めたりするほど、部屋に一人きりにされるのがとても心細かったです。想像を超えた痛みの中、旦那さんは腰をさすってくれたり、お尻を押してくれたりと一生懸命手伝ってくれました。

事前に聞いていたよりもとても速いスピードでお産が進んでいったけれど、頭が見えてきたところからなかなか進まない!

何度もいきんだり休んだりを繰り返して、もう無理なのかも…と考え始めた頃「あとちょっとだから!赤ちゃんも頑張っているから!お母さんも頑張れ!」と助産師さんに励まされ、もういろんなところが切れてもいいや!と開き直った最後のいきみでなんとか頭が通過!それからはスムーズに進み、大きな声で泣いてくれたのを聞いて一安心しました。

無事に産まれてきてくれたことがうれしかったですが、想像以上に大きくてビックリ。良く狭い産道を通れたなぁと。この子がついさっきまでお腹の中にいて、今目の前にいることがとても不思議で。

結局陣痛の始まりから6時間の超スピード出産でした。


今、我が子を見て思うことは?


まだ1歳にもなっていないのに、生まれた直後の何も出来なかった頃から比べると寝返り、ハイハイ、つかまり立ちと、びっくりするほど成長しました。

特に最近は毎日の成長が目覚しく、朝できなかったことが夕方にはできていたりとびっくりさせられっぱなしです。

新米ママとパパはまだまだ頼りないけれど、一緒に成長していけるようにがんばるね。もう少し大きくなったら家族でいろんなところにお出かけしようね!
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。