スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

安産でしたが「ポン」って産まれたわけじゃないですよ

 投稿者名:11歳の長女と7歳の長男のママ (出産時の年齢:34歳)
出産時の週数:37週



出産は2回目。

上の子の時とは違って、陣痛のタイミングもだいたいわかるようになっていました。ちょうどお昼の12頃に陣痛の間隔が短くなってきましたが、上の子は幼稚園に行っていて、お迎えは13時50分。

なんとかそれまでがんばって、上の子を迎えに行った後すぐに病院に連絡してタクシーで病院へ。とりあえず上の子を病院の保育室に預けて診察を受け、陣痛室で待機していました。ところが保育室は17時までしか預かれないとのことだったので、仕事中の主人に連絡をして、ひとまず病院に来てもらいました。

主人が病院に到着した直後、陣痛がひどくなり、すぐに分娩室に移動。上の子のときは仕事で分娩に立ち会えなかったので、立会い出産にしても良かったのですが、上の子がいたので分娩室の外で待っていてもらうことにしました。分娩室に入ってからは1度がんばっていきんだだけで、無事出産。

あまりの速さに助産師さんも主人もびっくり。

「ものすごく安産でしたね」と言われました。上の子のときは実家で親に甘えてだらだら過ごしていましたが、上の子の幼稚園の送り迎えをするために歩いていたので、それが安産につながったようです。

それは良かったのですが、あまりにもすぐに産まれたので、主人に「ポンって産まれてきたよね」と、分娩は楽なものだと思われてしまったのはちょっと不満です。


今、我が子を見て思うことは?


 主人に「ポンって産まれた」と言われるほど安産で、出産後も母乳をたっぷり飲んで、大きな病気もせず、元気に育って今は小学1年生。

学校でちょっと嫌なことがあって、毎朝メソメソしながら学校に行っていますが、帰ってくるときはお友達と楽しそうに話しながら帰ってきます。

お姉ちゃんが一緒に遊んだりして面倒を見てくれたので、育てることは比較的楽でしたが、その分甘えん坊になってしまって、今になって少し苦労しています。

それでも二人の子どもの母親になれたことを幸せだと感じています。
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。