太ると生むの大変だから、体重管理はしっかりしようと誓った日

投稿者名:ありたん@一児の母 (出産時の年齢:23歳)
出産時の週数:39週



朝、夫と朝食バイキングへ行き、その帰りに車の中で腰が痛いな。と思い始めどうせいつもの前駆陣痛かなと思いつつもいつもと痛さが違う!夫にイタイイタイと訴え続けてました。

家について少し寝ようと思い、眠りについて数時間後痛さがやばいので夫に「陣痛かもしれない」と伝え、私はシャワーを浴び髪の毛拭きながら痛くてないてました。

その後病院に電話をして向かいました。内診をしたら今日には生まれるよと言われドキドキしました。陣痛室に入ってもなかなか赤ちゃんが骨盤から先へ降りてこなくて、陣痛も微弱陣痛だったのでロビーを痛みに耐えながら何分も歩いてました。

ここへきて赤ちゃんの向きがお産できない向きだったので内診で向きを変える回旋術した時は痛すぎて耐えられなかったです。そのあとなかなか降りてこないので先生に吸引分娩しよう!といわれ器具を入れたときが何よりも痛かったです。お腹を押され赤ちゃんを吸引しました。

つるんと赤ちゃんが出てきて、産声を聞いたときは夫と泣きました。ほんの数秒前なのに痛みがわからなくなるほど嬉しかったのを今でも覚えています。

浮かれてたけどその後の処置はやはり痛かったです。 二時間安静にしてないといけなかったので夫と二人で最後の時間を過ごしました。夫には感謝しています。立会いして良かったです。


今、我が子を見て思うことは?


あんな大きく生まれてきたのに今では平均になった娘。そんな娘があと1ヶ月で1歳になります。あれから1年、たくさんの成長を見せてくれました。

嬉しいようでとても寂しくもあります。時にイライラしてしまい反省する毎日です。

後悔しないように毎日を大切にしてかなきゃと思います。生まれてきてくれてありがとう。これしか言葉が出ません。ほんとにありがとう。
logoサイトtop
スポンサーリンク