初めての出産は想像してたものより大変でとても幸せでした

 投稿者名:ワガママチビのママ (出産時の年齢:24歳)
出産時の週数:40週



初めての出産だったのですが「これが陣痛のスタートなの?」という始まり方でした。予定日前日の夜11時半頃になんかお腹痛いなーというかんじで御手洗に行ってはみるものの痛みが無くなる。変なもんでも食べたかなーと呑気にしていたら夫が帰宅。

なんかお腹の調子悪いのよーなんて言ってたら「え、それ陣痛でしょ!」と。生理痛よりももっと弱い小さな痛みだったので全く気がつかず言われてハッとしました。そのまま病院へ行き案内されるがまま待機する部屋へ入りました。

個人的には産む瞬間よりもこの陣痛にたえる待機時間の方が圧倒的に大変でした。いつ産まれる準備が整うか分からないのにずっと待つのは体力がかなり奪われます。

なので私は一口で食べられる小分けのチョコレートを食べられるタイミングで食べて元気を出していました。チョコは甘いお菓子というイメージですが、栄養価が高く糖分も適度にとれるので短時間での疲労回復に良いそうです。そうして痛みにたえつついざ分娩台に上がると、もう勢いで産んでやるー!!とおかしなテンションになりそこからは意外と早かったように思います。もちろん産むこと自体大変ですが、長く苦労もした妊婦生活を思い返すと「この10ヶ月間の集大成が今日なんだからなんともないや!頑張ろう」という気持ちになれました。

そして初めて産み落とした瞬間は、かなり驚きました。これが出産なんだねと他人事のようにぼんやり我が子を見ていました。

出産の疲労感はなかなか他のものとは比べられませんが、改めて小さな我が子を抱いてみると本当に頑張って良かったなとジワジワ幸福感を感じました。 


今、我が子を見て思うことは?


もうすぐ2歳になる我が子ですが、あんな小さな子が一瞬でこんなに大きくなるなんて信じられません。

1人でご飯も食べるし、ゴミも捨てられる、ドアも開けられる。

たくましく成長してくれてとても嬉しいですし、これからもっと違った姿を見せて欲しいです。産まれたときから全く寝顔が変わらないところも不思議で、今では夫と全く同じ顔で並んで寝ているのが微笑ましいです。
logoサイトtop
スポンサーリンク