待ち続けた41週間、息子に会えるまでの母になるための闘い。

 投稿者名:やんちゃ坊主と姫のママ (出産時の年齢:29歳)
出産時の週数:41週



初めての出産、右も左もわからない状態で予定日1週間超過でお腹に少し痛みが出てきました。今考えれば大したことのない段階の陣痛だったにも関わらず初めて感じる痛みにパニック状態。

タクシーにて病院に到着し内診…案の定子宮口はまだまだ開いておらず1度家に帰るかどうか先生に聞かれたので帰ると言い帰宅。帰ってほんの数時間後最初の痛みよりもひどい痛みがやってくる。歩ける気がしなかったので救急車を呼んでもらい病院へ。

痛みはひどいものの子宮口の開きは相変わらずで陣痛室みたいなところに通される。そこには他に1人の妊婦さんが既にいてその方がだいぶしんどそうにしてるのを聞きながら不安が増すばかりでした。私はこの陣痛というものに耐えられるのかと…。

だけど耐えるしかない!耐えて耐えて耐えて…それでもなかなか進まず看護師さんにもまだまだよーと言われやけを起こした私はもうお腹を切ってくださいと懇願。当然断られる…。

旦那さんが背中をさすってくれるも何の効果もなくさすりながら寝ようとしてる旦那さんに腹が立ってキレたような気がする。もう痛みとひたすら戦いながら先生による人工破膜でようやく破水。

そこから急激にお産は進み比べ物にならない痛みに襲われる。そんな中でも分娩室までは徒歩!出る~~と叫びながら歩く。分娩室に入ってからはほんの数分で長男を出産。今までの痛みや疲れは全部吹っ飛び感動しかありませんでした。分娩時間19時間…。出生体重3555g…。

でかい!時間もかかるはずだ。


今、我が子を見て思うことは?


あれだけ辛かった出産から早3年半… はっきり言って産まれてすぐは初めてづくしの育児にいっぱいいっぱいであまり記憶にありません・・・。 

ただ、大きい病気もせずに元気に健康に育ってくれてることに胸はいっぱいです。 

今が1番大変な時期であると世間では言われたりするけれどこれも今だけ。 男の子は親から離れるのが早いと聞きます。 

今のしんどさもいつかは笑い話になるはず! 息子が大きくなった時にたくさん話してあげようと思ってます。
logoサイトtop
スポンサーリンク