スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

思っていたよりも短く私でも気がついたら産めていました。

 投稿者名:5歳のわがまま息子の母ちゃん (出産時の年齢:28歳)
出産時の週数:40週



予定日を過ぎてもなかなか出産の兆候がなく、出産予定日1週間後ぐらいに午前中、病院で子宮口を刺激されました。

それからお昼を食べてる時になんか生理痛のような軽い痛みが夜まで続きました。これが陣痛?というぐらい軽かったし時間も定期的に現れず不規則でした。

旦那のお母さんが看護師なので確認したところ、陣痛は間隔が定まってくるとの事、しばらくお風呂に入り待つことに。夜になっても時間が定まらず深夜になり、だんだん生理痛が強い痛みに変わっていきました。

でもまだそこまで・・・という感じで、深夜に病院に入ると深夜料金も取られるので朝まで待ってみました。

徐々に痛みも強くなり朝一で病院に入り、既に子宮口は3センチ開いていました。看護師さんに今日の夜に生まれるかなって言われて「夜までこのまま続くのか・・・」でも産むしかないと思いました。

それから痛みも強くなり腰の痛みも出てきて看護師さんに腰を温めてもらい・・・時間が経ちお昼の3時にはスポッと生まれました。

出産は旦那にも立ち会ってもらい、息子のへその緒を切ってもらいました。本人曰く、ゴムのチューブを切ったような感覚でいい経験になったと言っていました。

生まれた瞬間に痛みも全てなくなり、2時間後には歩いて病室に行けました。


今、我が子を見て思うことは?


すごくムカつくこともいっぱい、言葉も話せるようになると「母ちゃん嫌い」などと言われ傷つくこともいっぱいあります。

でもそれ以上にいっぱい笑わせてくれるし、ムカつくけど大好きです。最初は初めての子育てでどうしたらいいいのかわからないことも、思い通りにならないこともあったけど、保健師さんには精神的に救っていただき息子も何とか元気いっぱいに育ってくれて良かったと思います。
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。