出産時、我慢しないで先生に言ってみるのも大事だな。

投稿者名:9ヶ月の息子の育児中 (出産時の年齢:38歳)
出産時の週数:39週



初めての出産でしたので、陣痛がどういうものかも分からず、そして初産は予定日は1週間くらい遅れると聞いていたのでのほほんとすごしていました。

陣痛が来た当日も23時頃までドラマの最終回を見ていてそれから寝ました。1時間くらいしたらお腹がズキズキしていつもの痛さと違うような気がして横に寝ている母親に声をかけたところ「…トイレに行ってきたら?」と。

すでに5分おきに痛くなっていたので起きて服を着て陣痛の時間を測ったりしました。トイレに行ったら血が出たので「おしるしだ」と思い病院に電話して向かいました。陣痛が弱くなったり強くなったりを繰り返し丸2日が経ちました。

寝返りするのも辛くて付き添ってくれる母親に「もう代わってよ~!!」と半ギレで頼んだりしました。今思うと何てことを言ってしまったのか反省ですが。

3日目のお昼に分娩台に行きましたがそっからがまた長くて、なかなか産道がひらかずベッドの手すりにしがみつき「いきまないで」のアドバイスにも頭が回らず…担当の先生が来たので「先生!もう無理です!切ってください!!」と叫びました。

ちょうど祝日で手術の予定が無く麻酔の先生もお休みで病院にいませんでしたが、わたしの体力と年齢と陣痛の弱さを考えて、先生が「促進剤を打って途中で赤ちゃんが引っかかって帝王切開になったときに麻酔の先生がいないから困るね。

よし、緊急帝王切開をしよう。麻酔科の先生を呼ぶから少し待ってね」と言って30分後には帝王切開にて生まれました。…あっとゆー間に生まれました。


今、我が子を見て思うことは?


毎日毎日一緒ですが、毎日毎日かわいいと思うことばかりです。 産んだ時の痛みや苦しみはまだ忘れていませんが、顔を見てたらそんなのは吹き飛びます。 

自分の子供はかわいいといいますが、こんなにかわいいとは思いませんでした。 

本当に生まれてきてくれてありがとうと言いたいです。 

泣き止まなくてイライラしたりすることもありますが、とにかく毎日幸せです!
logoサイトtop
スポンサーリンク