スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

初産で安産。褒められるけど私は必至でとっても痛かった!

投稿者名:あーちゃんママ (出産時の年齢:27歳)
出産時の週数:39週



私は39週2日で、5日早く出産をしました。出産予定日目前にして祖母を亡くしお葬式に出席している時に陣痛が始まってしまいました!初産だから予定日超えての出産になるだろうと考えていたのでとっても焦りました。

時間間隔を測るともう10分間隔だったのでお葬式を早退し病院に電話。初産での10分間隔とのことで2時間後に病院に来るように言われちょっと拍子抜け…それでも気を抜かずに入院準備セットを再確認しシャワーを浴びいつでも病院へ行ける格好で待機。

初めての出産で何もわかってなくて、自宅待機してるときに5分間隔になってしまい慌てて病院へ。すぐに陣痛室へ案内された時にはすでに子宮口が4センチ開いていました。

そこからは今までに感じたことのない痛みに襲われ、陣痛が来るたびに叫びもがいていました(笑)立ち合い出産を希望していたのですぐ隣で主人が腰をさすったりして応援してくれていたのですが、主人の腕を掴み「触らないで!!」と言い放ったそうです(笑)

ちなみにそれは覚えていません。陣痛の痛みに耐えもう嫌だ!と感じ始めた時にやっと車椅子で分娩室へと連れて行かれ、分娩台に乗って30分足らずで出産しました。

正直分娩室でのことは覚えていません。

主人に聞くと、今までに聞いたことのない声を聞いた…と言っていました。出産にかかった時間は10時間ほど。出血は少なくむくみもなし。初産にしてはかなりの安産だと先生にお褒めの言葉をいただきました。

陣痛に耐えている時はもう一生出産したくない!と思っていましたが、我が子の顔を見ているとあと一人は産んでもいいかなぁなんて思っている今日この頃です。


今、我が子を見て思うことは?


出産するまでつわりに悩まされ、出産では今までに感じたことのない痛みを味わい、もうこりごりだ!と思いました。 

でも今我が子を見ているとこの子を産んで本当に良かったと思います。 出産して自分だけの事じゃなく、我が子のことも色々とやらなければいけないからとっても大変ですが、それが喜びでもあります。 

日々成長していくわが子を見てとても幸せな気分になれます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。