スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

立ち合ってくれた主人がまるで松岡修造さんのようでした

投稿者名:3歳育児奮闘ママ (出産時の年齢:25歳)
出産時の週数:38週



23時過ぎ、おしるしがあり「おっいよいよか?」と構えました。下腹のあたりがだんだん痛くなり眠れないほどの痛みとなりました。

翌朝一で病院へ行くと「そろそろだけど子宮口はまだまだ開いてないよ。いったん家に帰って痛みでもう動けない!って思ったらまた来てね~」と女医さんに笑顔で言われました。内心「え?帰るの?こんなに痛いのに??」と思いましたが素直に従いました。

自宅に帰ってからは「痛いよ~痛いよ~」と耐えていました、田舎から駆けつけてくれた母が「そんなに痛いなら、そろそろ行った方がいいんじゃないの?」と言いましたが、「だってまだ耐えられるもん・・・」と14時間が経過していました。

しびれを切らした母が主人に「病院に連れて行って!」と言い病院へ連れていかれました。

朝と同じ女医さんに診てもらうと「なんでこんなに耐えてたのよ!子宮口全開よ!」と軽く叱られ、陣痛室を通り越し、即分娩台でした。子宮口が全開のくせに生まれてくるのにはさらに5時間かかりました。

その5時間の間に、アドレナリンMAXの主人にポカリを顔にぶちまけられ、破水した時にはなぜか「わっしょ~い!」と声を掛けられ、挙句生まれた我が子を我先に抱っこしようとしてお医者さんに「まずは頑張ったお母さんがさきですよ。」と諫められ、「俺、超がんばった。寝る!」と言ってソファーにいきなり寝だす始末。。

「あんたより1億倍あたしのほうが疲れたよ・・・」と思いました。そんなこんなの出産でしたが今では良い思い出として笑い話になっています。


今、我が子を見て思うことは?


私のいきみ方が悪かったせいで首が閉まってしまい、苦しかったようで羊水内に排便をしてしまった我が娘です。羊水が濁っていて助産師さんは焦りまくりでした。

そしてやっとの事で産まれてきた我が子は若干の呼吸困難のため一度抱っこしたらすぐにNICUへ連れていかれました。産まれてきたときみんなに心配された我が子でしたが、今では病気ひとつする事なく男の子なみにやんちゃですくすく成長しています。

あの時の出産、そして現在の育児は私の人生においての一番の宝物の時間です。
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。