緊急入院、緊急帝王切開でも、何にも問題ありませんでした。

投稿者名:頭の大きな兄弟のママ (出産時の年齢:29歳)
出産時の週数:37週



4週目からずっと切迫流産、早産で絶対安静だった私ですが、37週0日にやっと歩けると喜んで、近所を散歩しました。

その時、何かおしっこがもれたようなへんな気持ちになり、急いで家に戻りトイレに入りました。ちょっと出血していたので、おしるしだと確信し、病院へ行きました。

調べた結果、少し羊水が出ているということでした。急きょ入院して、陣痛が来ることを待つことになりました。翌朝になってもなかなか陣痛が来ないので、陣痛促進剤をうって出産に挑みました。

私は早く赤ちゃんに会いたかったので、とてもウキウキでした。途中途中すごい痛みが来ますが、全然耐えられる痛みでした。陣痛にはまだまだ耐えられるくらいだったのですが、調べたところ赤ちゃんの酸素が少なくなっているということで、緊急帝王切開になりました。

担当の助産師さんやお医者様に優しく接してもらい、急な帝王切開でしたが、全然問題ありませんでした。私病気やケガで手術を受けたことがなかったので、手術室に入るのもドキドキでした。下半身麻酔なので手術中のお医者様の声が普通に聞こえて私きます。私の赤ちゃんは頭が大きいらしく、もう少し長く切る切らないでお医者様がもめていたので、なんだか面白かったです。

結局通常より長く切らずに赤ちゃんを出すことになり、お医者様が一生懸命赤ちゃんを引っ張って出していることが分かりました。なぜ分かったかというと、私の体が横にとても揺れていたからです。赤ちゃんが生まれてからのも、「頭が大きな赤ちゃん」と冗談を言いながら、お医者さんが毎日見にきてくれました。


今、我が子を見て思うことは?


頭が大きく体は小さく生まれてきましたが、今はスレンダーなスタイルのいいイケメン息子たちです。2800グラムで生まれた我が子たち、頭は3500グラムの赤ちゃんと同じくらいとお医者様に笑われていました。

もちろん冗談で言っているとは思います。

頭、顔の大きなまま育っていったらどうしようと少し不安でしたが、今ではスタイル抜群のサッカー少年です。出産時の頭の大きさは全然問題ないんだなと感じています。
logoサイトtop
スポンサーリンク