あれよあれよと息子誕生。陣痛の痛みはふっとびました。

投稿者名:8ヶ月の息子のママ (出産時の年齢:25歳)
出産時の週数:38週



朝、目覚めてすぐ股の方でパーンと何かが切れたように感じました。そして暖かい水のようなものがでてきてすぐ破水だと気付きました。

まだ痛みもなく身支度をし母に病院に連れて行ってもらいました。到着し子宮の開きを確かめてくださってその時点で4、5センチ開いていて早いなと思いました。痛みもあまりなかったです。

里帰りをしていた為、旦那さんにすぐ連絡し来てくれるよう伝えました。スタッフの方には旦那さん間に合うかなーと言われたので進みが早かったです。

そして陣痛室へ行き旦那さんも立ち会う為、無事間に合いました。陣痛の間隔があっとゆう間に縮んできて痛みも増してきて旦那さんと母に背中をなぜてもらい、テニスボールで押してもらい。テニスボールすごく楽になりました。オススメです。

やはり出産したことのある母の方が上手くさすってくれました。そして全開になり分娩室へ歩いて向かいました。歩くのが痛くて大変だったことを覚えています。

そこから旦那さんも分娩室にはいり息みを1時間繰り返し、無事出産しました。破水から5時間もかからず生まれてきてくれました。生まれた瞬間、感動と言うよりやっとでたと言う気持ちの方が大きかったです。旦那さんは泣いていました。この子がお腹にいたなんて信じられなかったです。安産でした。


今、我が子を見て思うことは?


まだ生まれてから8ヶ月しかたってないのにずっと長い間一緒にいる気がします。お腹にいたからかな? 生まれた頃はほんとに小さかったのに今ではハイハイもつかまり立ちもして毎日毎日成長していっている姿を見れて幸せです。 

ママを頼ってくれるのも小さい頃のうちだと思ってたくさん抱っこしてたくさん愛情を注いで育てていきたいです。
logoサイトtop
スポンサーリンク