スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

パパがお休みの日の昼間に産まれてきてくれてありがとう!

投稿者名:娘ちゃん大好きママ (出産時の年齢:24歳)
出産時の週数:39週



生産期に入り出産予定日が間近に迫っているというのに、破水やおしるし等の出産の兆候が全くなく、検診でも子宮口がもまだ1センチしか開いてないと言われ焦っていました。

促進剤や帝王切開ではなく通常分娩で出産できるように早く出ておいでよ?と毎日お腹に話しかけていました。そして主人が休みの日に私は朝7時頃に何となくお腹が痛くて目が覚めて、起きて飼っている熱帯魚に餌をあげたりしていました。

お腹が痛い感じが続いたので主人を起こして伝えると、病院に電話してみろと言われました。この頃まだ私は陣痛がきている自覚がなく、病院に電話してもしょうがないと思っていました。

電話してみると、内診してみるからとりあえず入院の支度をして病院に来るようにと言われました。主人と病院に行く支度をしていると、段々お腹の痛みが強くなり1人では歩くのが困難になってきて「痛い痛い」と口に出るようになってしました。

そして病院に行くとやはり陣痛がきているということで入院になりました。主人が休みの日で本当に良かったです。初めての出産で陣痛で歩けなくなるほどだとは思っていませんでしたし、この腹痛が陣痛なのかわかりませんでした。

私達夫婦は立会い出産にはしない予定でしたが、一緒に病院に行った流れで立会いになりました。でも立会いしてもらって正解でした。主人も感動したと言ってたし、何より私自身が安心でき、陣痛の合間に水を飲ませてもらったりうちわで扇いでもらったりしてもらいました。夫婦同時にお腹から出てきた娘をみて涙が溢れました。


今、我が子を見て思うことは?


我が子がこんなにも愛おしい存在になるとは思っていませんでした。産まれてきてくれて感謝しかありません。ありがとう。どんなことがあっても守っていこうと強く思います。絶対に失いたくたりません。

私は元々そんなに子供が好きではなかったのですが、自分がお腹を痛めて産んだ子供がこんなにも可愛いとは思っていませんでした。娘が可愛いくて幸せで仕方ありません。
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。