11年振りの出産、無事に産まれて来てくれてありがとう

投稿者名:1才児ママ (出産時の年齢:30歳)
 出産時の週数:38週


19歳の頃に緊急帝王切開で出産しました。そのため30歳の出産も帝王切開でした。

手術日が決まり局所麻酔だったので不安でいっぱいでした。でも会える日が決まった喜びの方が大きいでした。そして手術日当日に手術が始まるとあっという間に赤ちゃんの泣き声が聞こえました。

看護師さんが「お目目の大きな女の子ですね~」と言って顔の横に連れてきてくれました。無事に産まれてきてくれた事とやっと赤ちゃんに会えたことで感動して涙が出ました。あのときの光景は今でもはっきり浮かんできます。

その後の入院生活は帝王切開の傷は痛くて辛かったけどおっぱいを飲む姿や小さな手で指を握ってくる姿、すやすや寝る寝顔にとても癒されました。入院中も毎日お見舞いに来てくれる家族にとても嬉しかったです。

今思うと病室にいるより赤ちゃんを見に行く時間の方が長かった気がします。入院中もおっぱいの時間になると看護師さんが起こしにくるので正直大変だな~眠いな~と思うこともありました。退院するのがとても待ち遠しかったです。

退院日もベビードレスを来て写真を大量にとりました。退院してからも子育ては大変だけどすくすく成長する子供に毎日デレデレです。

今では1歳1ヶ月で歩き回って大変ですが家族みんなで楽しんでます。


今、我が子を見て思うことは?


子供が産まれて1歳1ヶ月です。病気や怪我もなくすくすく育っています。笑うと両方のほっぺに出来るエクボがとても愛らしいです。

最近はなんでも真似をするようになりチョロチョロ歩き回り目が離せません。

大変な事も多いけどたくさんの愛情をそそいで優しい女の子になってほしいです。親バカですがかわいくて仕方がありません。
logoサイトtop
スポンサーリンク

本当に産まれてきてくれるのかな?痛さと不安に耐えた3日間。

投稿者名:1歳の男の子ママ (出産時の年齢:36歳) 
 出産時の週数:43週


出産予定日当日、全く産まれる兆候もない事から、入院し、陣痛促進剤を使い、バルーンを入れて子宮口を広げましょうという話になりました。 

1日目、微弱ながら痛みが続きましたが、耐えられる程度で夜が明けました。 

次の日の朝、バルーンを昨日よりもう少し膨らませて、子宮口をさらに広げようとの事で、バルーンを膨らませるが、バルーンに体が拒絶反応を起こしたようで、貧血になり倒れました。なんとか持ち直し、どんどん強くなる陣痛に耐え夜になり、看護師が、「この痛みの強さなら、もしかしたらもうすぐ産まれるかも。」との事で、主人を呼び、付き添ってもらいました。 

痛みでトイレに立つ事も出来ず、主人にしがみつき、トイレに行っていました。痛くて痛くてベッドの柵にしがみつき、痛い痛いと言いながら耐えていると、看護師が来て「痛いじゃなくて、フーフーと息を吐く!」と言うが、そんな事する余裕がなく、好きなように耐えさせろと内心イライラしていました。 

そして破水はしたが、子宮口が開いてないという事で出産出来ず、朝に。もう体力はなく、食事なんて食べられず、ヘロヘロになっていました。破水すると、胎児に良くないと聞いていたので、看護師に尋ねるも大丈夫との事。 

心配しながらも強い痛みに延々と耐え、夜に、急に看護師か慌しくなり、赤ちゃんの心音が下がったという事で、緊急帝王切開に。 

初めての手術。怖い!ちゃんと麻酔は効くのか?そして麻酔の注射痛すぎる!バタバタしながらやっとで赤ちゃんにご対面。 顔が真っ白!その後何日かNICUに入ってましたが、元気になり、無事退院。

その子ももう1歳ですが、なんとものんびり屋。だからなかなか出てこなかったんだね。


今、我が子を見て思うことは?


常に一緒で、常に見ていないとなにをしでかすか分からない息子。たまに疲れ切ってしまうこともありますが、あったかい体温に触れた時、ふにゃふにゃな手を触った時、無事に生きててくれてありがとう。

こんなにかわいく産まれてきてどうするのもう^_^という感じです。  

その時その時が一番かわいく思います。好きなだけくっつけて、好きなだけチューの出来る今を大切にしようと思っています。

そのうちクソババと言われる日が来ても、思い出を思い出して愛おしく思えるように。
logoサイトtop
スポンサーリンク

ママはどしてこんなにも強くなるのか。そして鬼になる


投稿者名: 3児、ツインズママ (出産時の年齢:31歳)

出産時の週数:38週





2回目の出産は ミックスツインズで、2週間に一度ペースで検診でした。

お腹が大きくなるまでは毎日毎日不安があり本当に大丈夫なのか。しっかり心臓が動いているかの毎日でした。出産するまでに管理入院があり3週間ほどいましたが、何事もなく退院し、出産する日まで待ちました。

そして、いつもの様に昼間テレビを見ながら横になっていた所。右側にいた子が動いた途端パーンと。破水が始まりました。あー、病院行かなきゃ。

義父に破水が始まりましたので病院へお願いします。と。義父はどうする?いた方がいいか?みんなに電話するか?とあわわわしていたけど、破水しただけでまだ陣痛始まってないので、長男を幼稚園に迎えに行ってあげて下さい。わかり次第連絡します。と破水しながら普通に診察室へ歩いていきました。

それが良かったのか、チクチクし始めて4センチなんで陣痛室案内するから、待合室に車椅子を用意しますから待っていて下さい。と。私は車椅子にのり、部屋の準備ができるまで待たされ、その間旦那に電話して会社を早退してもらって病院へ来てもらうようにした。一度家でシャワー浴びてから来てよ!と伝え電話をきり、いざ、陣痛室へ。

あー、懐かしいこの呻き声。私ももうじき叫ぶのかな。と。陣痛室へ入り、モニターをつけるので待ってくださいね。と。はーい、お願いします。この時期新人さんが多いのでアタフタ。1人の心拍確認し、もう1人の‥‥‥。

あれ、ヤバッ、陣痛始まってきた。ちょ、ちょ、看護師さんモニターつけるの無理やから。痛いから。いやいや、ダメですよ。陣痛まだ始まったばかりなんで。‥‥マジ、無理ですぅぅ。で、病院入って2時間半で産みました。




今、我が子を見て思うことは?




お腹の中にいた時から、このツインズは最強だ!と感じてました。

やっぱり最強でツインズはやることが早くて1歳前に歩き、走るを覚え逃げを覚え、お兄ちゃんと対等に遊び喧嘩をします。そんなお兄ちゃんはいつもツインズ優先され、少しグレてます。笑

でもツインズはお兄ちゃんが大好きでくっついたり、追いかけたり。毎日忙しいけど可愛い我が子です。logoサイトtop
スポンサーリンク

不安しかなかった出産だったけれど、しっかり母になりました!


投稿者名:3兄弟の母 (出産時の年齢:21歳)

出産時の週数:39週





私は3人の男の子の子育て真っ只中です。

長男の出産はどのようなものだったのか、もう9年前の話になりますが思い出しながら書いていこうと思います。

一人目は不安ばかりがありました。
どのように兆候があるのか・・・
どのように対処すれば良いのか・・・
母親学級でたくさんお勉強したけど。実際本番がきたらちゃんと産めるのか・・・と。

予定日3日前の深夜に陣痛から始まりました。寝る前に微弱陣痛があったのでスクワットを100回してから眠りについたので本陣痛にしっかり繋がったようでした。

当時一緒に住んでいた両親を起こして車で病院へ連れて行ってもらいました。10分おきに陣痛があったのでそのまま入院となりましたが、なかなか間隔が短くなることもなく、子宮口も全く開かなかったため両親には一度帰宅してもらいました。

朝になっても5分間隔から縮まらなかったのですが、そこまで辛くもなくご飯もモリモリ食べることができました♪ようやく辛い陣痛が始まったのは夕方でした。祖母が来てくれていたのですが、慣れた手つきで痛みを和らげるように体をさすってくれていたのをすごく覚えています!

子宮口が開かないので、一度睡眠導入剤で寝て1時間後に目を覚ますと、いよいよ産まれるような感覚を体感しました。ベッドを分娩台に変えていきみますが、頭でっかちな息子は出てこようとしてくれず、吸引分娩に切り替えて数回いきむと出てきてくれました!

一人目だったので18時間という長丁場でしたが、元気に泣く息子を見ると、若かった私ですが産んで良かった。これからもっと頑張ろう!と思わせてくれました。不安が多かった私でも、ちゃんと出産することができた!というお話でした。




今、我が子を見て思うことは?




今、長男は小学4年生。
出産した時の辛さも感動も、忘れたくないものですが今やガミガミ叱ることも多く、傍にいてることが当たり前。
口ごたえもしてくるし、憎たらしく成長してくれました。

でも、しっかり者のお兄ちゃん。
なんでも器用にこなせる天才肌。
自慢の息子です。

どんなに喧嘩をしても、言うことを聞かなくても冷静な時は、彼は今幸せなのかなと考えてしまうのは、きっと何よりも大切な存在だからなのだろうと思っています。

私たちの元に産まれてきてくれてありがとう。
そして、私たちの老後はよろしくね!と、今からしっかり伝えています♪logoサイトtop
スポンサーリンク