スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logoサイトtop
スポンサーリンク

安産でしたが「ポン」って産まれたわけじゃないですよ

 投稿者名:11歳の長女と7歳の長男のママ (出産時の年齢:34歳)
出産時の週数:37週



出産は2回目。

上の子の時とは違って、陣痛のタイミングもだいたいわかるようになっていました。ちょうどお昼の12頃に陣痛の間隔が短くなってきましたが、上の子は幼稚園に行っていて、お迎えは13時50分。

なんとかそれまでがんばって、上の子を迎えに行った後すぐに病院に連絡してタクシーで病院へ。とりあえず上の子を病院の保育室に預けて診察を受け、陣痛室で待機していました。ところが保育室は17時までしか預かれないとのことだったので、仕事中の主人に連絡をして、ひとまず病院に来てもらいました。

主人が病院に到着した直後、陣痛がひどくなり、すぐに分娩室に移動。上の子のときは仕事で分娩に立ち会えなかったので、立会い出産にしても良かったのですが、上の子がいたので分娩室の外で待っていてもらうことにしました。分娩室に入ってからは1度がんばっていきんだだけで、無事出産。

あまりの速さに助産師さんも主人もびっくり。

「ものすごく安産でしたね」と言われました。上の子のときは実家で親に甘えてだらだら過ごしていましたが、上の子の幼稚園の送り迎えをするために歩いていたので、それが安産につながったようです。

それは良かったのですが、あまりにもすぐに産まれたので、主人に「ポンって産まれてきたよね」と、分娩は楽なものだと思われてしまったのはちょっと不満です。


今、我が子を見て思うことは?


 主人に「ポンって産まれた」と言われるほど安産で、出産後も母乳をたっぷり飲んで、大きな病気もせず、元気に育って今は小学1年生。

学校でちょっと嫌なことがあって、毎朝メソメソしながら学校に行っていますが、帰ってくるときはお友達と楽しそうに話しながら帰ってきます。

お姉ちゃんが一緒に遊んだりして面倒を見てくれたので、育てることは比較的楽でしたが、その分甘えん坊になってしまって、今になって少し苦労しています。

それでも二人の子どもの母親になれたことを幸せだと感じています。
logoサイトtop
スポンサーリンク

スポンサーサイト

初産なのに主人は立ち会えず、助産師さんも行ったり来たり

投稿者名:11歳の長女と7歳の長男のママ (出産時の年齢:29歳)
出産時の週数:39週



初めての出産だったので、陣痛の間隔などはよく分からなかったのですが、いつもと違う感じがしたので、病院に連絡して21時頃に入院しました。

主人は講師の仕事があったので一緒に来ることはできず、母に病院まで付き添ってもらったのですが、陣痛室には主人しか付き添えないと言われたので翌日来てもらうことにして、一晩一人で過ごしました。

翌日の朝9時に母が来てくれた時には、陣痛がひどくなっていて、ちょうど分娩室に入ったところでした。助産師さんに「ご主人は?」と聞かれたので、「仕事でこれません」と伝えたら、せめて電話くらいしたらと言ってくれたので、電話をしたのですが、なんて伝えたらいいのか分からなくて、「今分娩室に入るので、今から産みます」とだけ伝えました。

主人も「ええと、じゃあがんばって」と言ってくれました。いよいよ出産というときに、救急車で急患が2人も運ばれてきて、助産師さんが足りず、隣の人と私の間を行ったりきたりしながらだったので、どのタイミングでいきんだらいいのか良く分からず、とにかく流れに任せる感じでした。

とても痛かったのですが、隣の方が「痛い!死ぬー!」と叫んでいたので、逆に冷静になれた気がします。

頭が見えてきたら先生がきて、しっかり処置をしてくれました。産まれた瞬間は、一瞬目の前が真っ赤になった気がしましたが、あんなに痛かったのにすっと楽になった気がしました。


今、我が子を見て思うことは?


 小さくて、抱っこしていないといつも泣いていて、やっと寝たと思って布団に寝かせたとたん起きて泣き出して。

とにかく泣いていた印象しかなかったわが子が、今は小学6年生。すっかりお姉さんになって、親よりも友達と過ごす時間のほうが楽しくなってきたようです。少し寂しい気もしますが、しっかりと自分のやりたいことに向かってがんばっている姿を見て、とても頼もしく思います。  

結婚したら早く子どもが欲しいから、子どもが生まれたら手伝ってね」と言われているので、将来この出産・子育て経験を生かせればいいなと思います。"
logoサイトtop
スポンサーリンク

太ると生むの大変だから、体重管理はしっかりしようと誓った日

投稿者名:ありたん@一児の母 (出産時の年齢:23歳)
出産時の週数:39週



朝、夫と朝食バイキングへ行き、その帰りに車の中で腰が痛いな。と思い始めどうせいつもの前駆陣痛かなと思いつつもいつもと痛さが違う!夫にイタイイタイと訴え続けてました。

家について少し寝ようと思い、眠りについて数時間後痛さがやばいので夫に「陣痛かもしれない」と伝え、私はシャワーを浴び髪の毛拭きながら痛くてないてました。

その後病院に電話をして向かいました。内診をしたら今日には生まれるよと言われドキドキしました。陣痛室に入ってもなかなか赤ちゃんが骨盤から先へ降りてこなくて、陣痛も微弱陣痛だったのでロビーを痛みに耐えながら何分も歩いてました。

ここへきて赤ちゃんの向きがお産できない向きだったので内診で向きを変える回旋術した時は痛すぎて耐えられなかったです。そのあとなかなか降りてこないので先生に吸引分娩しよう!といわれ器具を入れたときが何よりも痛かったです。お腹を押され赤ちゃんを吸引しました。

つるんと赤ちゃんが出てきて、産声を聞いたときは夫と泣きました。ほんの数秒前なのに痛みがわからなくなるほど嬉しかったのを今でも覚えています。

浮かれてたけどその後の処置はやはり痛かったです。 二時間安静にしてないといけなかったので夫と二人で最後の時間を過ごしました。夫には感謝しています。立会いして良かったです。


今、我が子を見て思うことは?


あんな大きく生まれてきたのに今では平均になった娘。そんな娘があと1ヶ月で1歳になります。あれから1年、たくさんの成長を見せてくれました。

嬉しいようでとても寂しくもあります。時にイライラしてしまい反省する毎日です。

後悔しないように毎日を大切にしてかなきゃと思います。生まれてきてくれてありがとう。これしか言葉が出ません。ほんとにありがとう。
logoサイトtop
スポンサーリンク

2人とも仲良くして~、で、どうしたらいいのか教えて~!

投稿者名:あかねママ (出産時の年齢:37歳)
出産時の週数:39週



36歳の時、5歳年上の彼と出来ちゃった入籍をしました。日々変わりゆく体型と感覚に不安を覚えたものの、主人の支えで何とか乗り越える事が出来ました。

39週目に入ってすぐの事です。おなかが痛くなって入院セットを持って病院に行きました。微弱陣痛と診断され、分娩準備室で2日過ごしました。

その間看護婦のAさんが暇を見つけてはマッサージをしてくれたり、軽い運動に付き合ったりしてくれました。体を温めてみましょうと、熱めのお風呂を用意してくれ、ゆっくり浸かったその夜、ついに陣痛がやってきました。

分娩室まで歩いていくのですが廊下で産み落としそうになり、背後からAさんが、私の股の間に膝を割り込ませ、蓋をしてくれました。何とか分娩台にたどり着き、さあ産むぞというその時にAさんと若い産婦人科医とがけんかを始めてしまいました。力むか力まないかで揉めています。Aさんは、力まないで自然にスルッと出てくるのを待ちましょうと言います。先生は、最後は力まないといつまでも出てこないよと言い返します。意見の対立が続く中、私は思わず「二人とも仲良くして~。で、どうしたらいいの~、力むの、力まないの、どっち~?」と叫んでいました。

私の叫びでAさんが折れて、力むことに。すぐに赤ちゃんが出てきました。分娩室に入ってから3分も経たずに出産が終わりました。

二人のけんかに気を取られ、出産の痛みもほぼ感じられませんでした。おもしろい思い出となりました。


今、我が子を見て思うことは?


今、娘は中学3年で15歳になりました。とても丈夫で小学1年から今まで1度も学校を休んだ事がありません。

性格も割と穏やかで、育てやすかったなーと思います。

これから苦労が待ち受けているのかしら?娘は、この出産話が大好きで、よくおねだりしてきます。分娩室での先生と看護婦さんの喧嘩の下りをもっと詳しく、と1言1句再現させて、ゲラゲラ笑って聞いています。
logoサイトtop
スポンサーリンク

初めての出産は想像してたものより大変でとても幸せでした

 投稿者名:ワガママチビのママ (出産時の年齢:24歳)
出産時の週数:40週



初めての出産だったのですが「これが陣痛のスタートなの?」という始まり方でした。予定日前日の夜11時半頃になんかお腹痛いなーというかんじで御手洗に行ってはみるものの痛みが無くなる。変なもんでも食べたかなーと呑気にしていたら夫が帰宅。

なんかお腹の調子悪いのよーなんて言ってたら「え、それ陣痛でしょ!」と。生理痛よりももっと弱い小さな痛みだったので全く気がつかず言われてハッとしました。そのまま病院へ行き案内されるがまま待機する部屋へ入りました。

個人的には産む瞬間よりもこの陣痛にたえる待機時間の方が圧倒的に大変でした。いつ産まれる準備が整うか分からないのにずっと待つのは体力がかなり奪われます。

なので私は一口で食べられる小分けのチョコレートを食べられるタイミングで食べて元気を出していました。チョコは甘いお菓子というイメージですが、栄養価が高く糖分も適度にとれるので短時間での疲労回復に良いそうです。そうして痛みにたえつついざ分娩台に上がると、もう勢いで産んでやるー!!とおかしなテンションになりそこからは意外と早かったように思います。もちろん産むこと自体大変ですが、長く苦労もした妊婦生活を思い返すと「この10ヶ月間の集大成が今日なんだからなんともないや!頑張ろう」という気持ちになれました。

そして初めて産み落とした瞬間は、かなり驚きました。これが出産なんだねと他人事のようにぼんやり我が子を見ていました。

出産の疲労感はなかなか他のものとは比べられませんが、改めて小さな我が子を抱いてみると本当に頑張って良かったなとジワジワ幸福感を感じました。 


今、我が子を見て思うことは?


もうすぐ2歳になる我が子ですが、あんな小さな子が一瞬でこんなに大きくなるなんて信じられません。

1人でご飯も食べるし、ゴミも捨てられる、ドアも開けられる。

たくましく成長してくれてとても嬉しいですし、これからもっと違った姿を見せて欲しいです。産まれたときから全く寝顔が変わらないところも不思議で、今では夫と全く同じ顔で並んで寝ているのが微笑ましいです。
logoサイトtop
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。